埋もれ毛 腫れ

埋もれ毛の対策に悩んでいる方も多いと思います。 特に長い埋もれ毛は目立ちますよね。スクラブはよいのか。 はたまた新商品のストレミラインはどうなのかなど埋もれ毛の自宅治療を解説しています。埋もれ毛が腫れを引き起こす原因は?
MENU

埋もれ毛が腫れを引き起こす原因は?

埋もれ毛 腫れ

埋もれ毛は、毛抜きやピンセット、安全カミソリなどを利用する人に発生することが多い肌のトラブルです。

 

埋もれ毛が発生すると、患部が腫れたり、かさぶた状になってしまいます。

 

 

腫れる原因は、以下の2つだと考えられます。

 

 

第一の原因は、埋もれ毛を覆うように皮膚が再生されるため、埋もれ毛の部分だけが物理的に盛り上がってしまうためです。

 

時間が経過すると皮膚がターンオーバーするため、埋もれていた毛と皮膚は自然と剥がれ落ちることが多くなります。

 

ただし、状況によっては色素沈着が起こって、皮膚の変色がしばらくは残ることがあるので注意が必要です。

 

 

第二の原因は、埋もれ毛に雑菌が繁殖しているためです。

 

雑菌により患部が炎症を起こして腫れあがっているため、赤くなっているのが目印になります。

 

自然治癒することもありますが、放置しているうちに毛のう炎へと悪化してしまうケースも見受けられるため、皮膚科での治療が望まれます。

 

毛のう炎になると、外科手術が必要になることも考えられるため、埋もれ毛を発見したら初期段階のうちに、皮膚科や美容クリニック等で除去してもらったほうが安心です。

 

 

埋もれ毛はレーザーで患部を焼き切ることで短時間での治療が可能です。

 

自宅で患部をカミソリで削ったり、垢すりタオルで強くこするなどの方法で治療することもできますが、痕が残ったり痛みが強いなどのリスクがあるため、
専門の治療期間で治療したほうが賢明と言えるでしょう。

このページの先頭へ