埋もれ毛 炎症

埋もれ毛の対策に悩んでいる方も多いと思います。 特に長い埋もれ毛は目立ちますよね。スクラブはよいのか。 はたまた新商品のストレミラインはどうなのかなど埋もれ毛の自宅治療を解説しています。埋もれ毛が炎症してしまった時にやってはいけない事は?
MENU

埋もれ毛が炎症してしまった時にやってはいけない事は?

埋もれ毛 炎症

ムダ毛の自己処理をしたときに、トラブルとして、埋もれ毛があります。

 

 

埋もれ毛の原因は、ムダ毛の自己処理によって、皮膚が傷ついて毛穴がふさがってしまうことで起こります。

 

家庭用の脱毛器や毛抜きなどで自己処理したときに、途中で毛が切れることがありますが、それ以外にも、皮膚が傷ついて炎症を起こしてしまい、かさぶたができることがあります。

 

かさぶたができてしまうと、毛の成長をさえぎってしまい、皮膚の中で埋もれ毛となってしまいます。

 

 

予防法としては、無理な自己処理をせず、しっかりと保湿を行うことが大切です。

 

 

埋もれ毛ができてしまった時には、適切に処理をしないと悪化させてしまいますから、注意が必要です。

 

 

埋もれ毛を悪化させないようにするには、しっかりと肌を蒸らして柔らかくし、抜き出す際には、ピンセットを消毒しておく、
処理後はしっかりと刺激性の少ないもので保湿することが大切です。

 

 

すでにできてしまった埋もれ毛は、炎症など悪化させないように、ムダ毛処理をいったん停止し、角質を落とすスクラブで肌を洗って、
肌を柔らかくする保湿剤を使用するのが効果的といわれています。

 

 

カミソリなどを使った自己処理の場合、肌を傷める原因ともなりますから、根本的に改善するには、脱毛サロンでの施術が効果的といえます。

 

そのほかにも、医療レーザーを受けることでも、埋もれ毛は解消するといわれています。
これは、レーザーが皮膚を通過するため、埋没毛も自然に出てくるということで、通い続けるうちに抜け落ちていきます。

このページの先頭へ